studioSTANCE豊中|YOGA PILATES BODYWORK

TOYONAKA YOGA PILATES BODYWORK STUDIO

ヨーガ・スートラVol.1

By
231 views

ヨガについて書かれた書物に「ヨーガスートラ」があります。
ヨーガスートラのスートラとは、「糸」という意味で、195の短文が糸を紡ぎ紐のようになっていくことからこの名がついたと言われています。4つの章、195の短文から編成されていて、ざっくり言うと「ヨガとは心の作用を止滅させること」このヨガの道のり(心の作用を止滅させる)を進むガイドラインのように書かれています。

「マットの上での運動だけではなくそれも含めて人生を明るく生きるために自分自身の心と体さらに物事の捉え方、考え方をどう整えて生きていくか」がヨガ (=心穏やかに存在する)と考えてもらえるとわかりやすいです。

その「ヨーガスートラ」の中では、ヨガの道のりを8つの段階にわけて書かれている章があります。まず初めに書かれているのがヤマ(慎むこと)として5つあげられています。

ヤマの中のひとつ「アヒンサー」について

日本語では非暴力と訳されています。他人に対して暴力は良くないと考えておられる方は多いと思いますが、他の生き物や環境を傷つけないという考えからロハス(地球環境保護と健康を重視する生活)やヴィーガンニズム(人間が動物を搾取することなく生きるべきであるという主義)を実践されてる方もいらっしゃいます。

今の生活の中でゆるくできることだけの方から仕事や住む場所も変えて取り組む方もいて捉え方、考え方は千差万別でその多様性も世界を豊かにする大切な要素ですから、正しいのか間違っているのか問う事ではなく人生を明るく生きる、幸せを感じるにはどう捉えて考え行動するのかを皆さんそれぞれが見つけるひとつのお題と思って「アヒンサー」をついて考えてみましょう。

今回は自分自身に対しての「アヒンサー」がテーマです。
私の感じたこと、考えたことを書きます。「自分の体をいじめない」これが私がおもう自分自身に対しての「アヒンサー」かなぁーと思います。わかりやすいところでいうと自分への暴力って例えば

  • 暴飲暴食で身体に負担をけている
  • 仕事を優先しすぎる
  • カラダを動かさない
  • 寒いのに我慢するとか(ファッションのために薄着)

私自身、運動嫌いでできれば楽したいと言って長年過ごしてきました。一見すると我慢しない、無理をしないってことは自分に優しいようにも見えますが私たち人間(動物)は生きていくために動くようにプログラムされている生き物です。 食べるために食物を探したり育てたり…新しい土地を求めて何時間も歩いたりと生きていくためには動かなければなりません。動けないということは何を意味するか分かると思いますが、当たり前のことにはなかなか気づけないものです。

便利な今の生活はめっちゃくちゃありがたいんだけど…体に対してはちょっと残念、私たちの多くが運動不足でカラダの機能低下に繋がっているじゃないかと。

美味しい食事も便利な暮らしもありがたく恩恵を受けつつ、カラダの機能が低下しないために運動は必須!
運動を怠ることは「アヒンサー」、運動をやりすぎことや負荷かけすぎることも「アヒンサー」

そこでマットの上でまずはカラダの声を聞く(感覚をみる)やりすぎてないのか、必要な動きなのか…ストイックになりすぎず怠けすぎず良い塩梅を探るのがプラクティスになると思うのです。
そうやって繊細になることで体の感覚はより良くなって、「ちょっとやりすぎかな?」「こわばりがつよいな」なんてことが早く気づける。「痛みが出た」「無理な動きをしてケガをした」ってなる前に気づける瞬間があれば不調を軽く留めたり回避することも可能になります。

なので、マットの上でヨガ を継続して行っていくことは「アヒンサー」の実践だと思うんです。

みなさんもマットの上での「アヒンサー」 そしてマットの外での「アヒンサー」についてちょっぴり考えてみて下さいね。是非、感じたことなど聞かせて頂けるとめっちゃ嬉しいです。

ヨーガ・スートラVol.1
この記事が気に入ったらいいね!しよう
ヨーガ・スートラVol.1

About The Author

MIKA
マイペースでヨガを楽しめるようにお手伝いできれば嬉しく思います。一緒にヨガ楽しみましょう。