studioSTANCE豊中|ヨガ・ボディーワークスタジオ

豊中曽根のヨガ・ピラティス・ボディーワークスタジオ

無心でコネコネ

2019-06-06
By
136 views
無心でコネコネ

ヨガインストラクターのMIKAです。先日、苔玉作りに参加しました。

わたくし…グリーンを育てるセンスが無いようで、水やりをせず置いていたサボテンがカビたり、しぼんでちっちゃくなったり…そんな不安と苔玉?ってどんなものかあんまりわからずの参加しました。

まず土をこねます。
20分ほどしっかりこねて繊維を絡ませる。
先生は初めて作った時なんと!
6時間くらいこねるように習ったらしいです。

無心でコネコネ…ん~この感覚は他のことを考えず何かに集中してる時にも似てる…動的瞑想状態!

「この作業はヨガや瞑想と同じような効果がありますよー」という先生の言葉に参加されて方々も頷きながらも自分の苔玉の核になる土作りに没頭すること20分、スッキリした感覚と愛着も湧いてきて次の作業へと。

色々な過程を経て2時間弱でやっと完成ー

家でお水のやり方など伝授、さらに何か気になることあったら画像つきで連絡していいとアウターフォローも万全(笑)今のところ元気に育ってます。

今回の苔玉作りにしても、以前家でよく焼いてたパンや陶芸も、どれも共通しているのは無心で集中する時間。こういう時間はどなたにも必要な大切な時間だなぁと改めて感じました。自分のための時間、自分の内側に意識を向けて執着やエゴを手放す時間、ボーっとする時間。

言葉にすると簡単なようだけど 「他の人は出来ているのになんで私はできないのよー」「このあとの予定はなんだっけ?」なんてあちこちに向きそうになる思考や感情を止める時間です。

元気で可愛い苔玉になるように土をこねる
美味しいパンになるように粉をこねる
ステキな器を想像しながら成型する

ヨガを通して自分がより心地よい人生を過ごすために自分の心と体の声を聞く。

「今日はゆっくりやりたいよ」
「今日はダイナミックに動きたいよ」
「このポーズで心地よい感じる場所は?」
「その痛みは体にとって必要な痛み?それとも危険な痛み?」

カラダの状態は呼吸や感覚が教えてくれますので自分との対話を楽しんでみてください。自分を甘やかすだけでなく新たな挑戦を続けていく、焦らずちょっとずつぼちぼち…

2019-06-06

About The Author

MIKA
ヨガは自分と向き合い観察して可能性にチャレンジしたり今のカラダの状態を受け入れ認めたりの繰り返しです。周りの人と比べたり競うものではないことを知りマイペースでヨガを楽しめるようにお手伝いできれば嬉しく思います。一緒にヨガ楽しみましょう。