studioSTANCE豊中|ヨガ・ボディーワークスタジオ

豊中曽根のヨガ・ピラティス・ボディーワークスタジオ

紅茶とハーブティーのいれ方

2019-05-08
101 views
紅茶とハーブティーのいれ方

LiPreで取り扱っている商品ですが、自宅でも美味しく飲んで頂けるようにポイントをお伝えします。

まずはイギリスの伝統的な紅茶のいれ方となるゴールデンルールについて

  • 良い茶葉を使う
  • フタのついたティーポットを使用する
  • 茶葉を正確に量る
  • 新鮮な水をしっかり沸騰させる
  • 時間を計り、茶葉をきちんと蒸らす

この5つがポイントとなりますので押さえておきましょう。

LiPreではティーバッグは扱っていませんのでリーフで話を進めていきます。

1. お湯を沸かす

水道からやかんに水をいれて火にかけ、しっかりと沸騰させます。大きな泡がぼこぼこ出ている状態が目安となります。低温であったり、長時間沸騰させすぎると抽出にムラが出やすくなります。

沸騰する前にお湯をポットとカップに注いで温めておきます。

2. 茶葉の分量を量る

ポットを温めておいたお湯を捨て、茶葉の分量をポットにいれます。

1杯分(150から160cc)に対して、ティースプーン1杯3gを基本とします。

まずは基本的な量で入れてみて、茶葉の種類や好みで調整していきましょう。出来れば精密はかりで正確に計測する方が好みの味を再現するにも役立ちますし、リーフの大きさによって起きる分量のバラツキも無くなります。

ブレンドハーブの場合は、数種類のハーブが一つの袋に入っているためしっかりと袋を振って混ぜておかないと味がその都度変わってしまいますので注意しましょう。

紅茶ハーブ

3. お湯を注ぐ

沸騰させておいたお湯(95~98℃)をポットに注ぎ、フタをします。

紅茶のパッケージに抽出時間が書いてある場合もありますが、基本は3分フタをし蒸らします。小さい茶葉は早く抽出できるので、少し短めにします。大きい茶葉は3分から4分が目安となります。

紅茶ハーブティーの抽出時間は、基本3分が目安です。

ブレンドハーブティーの抽出時間は、花や葉は3分、実や種など硬い部分は5分が目安となりますが、3~5分前後で飲み比べてベストなタイミングを探していきます。

4. 紅茶を注ぐ

茶葉を蒸らし終わったら、あとは注ぐだけですが、2人分以上になる場合は濃さが均一になるように、数回に分けて注いでいきます。

一応、ポイントとなる事はかきましたが最終的には好みですので、飲んでみてもう少し薄い方が飲みやすいと思えば茶葉の量を減らしたり、抽出時間を短くしたりして試して頂けると良いかと思います。

About The Author

STANCE LLC.studio STANCE
ゆっくりとカラダを動かし、重心や呼吸、心を感じる、いつも何気なくしていた事を感じとる事が積み重なり、いまの自分に気づけるように。
Follow :