studioSTANCE豊中|ヨガ・ボディーワークスタジオ

豊中曽根のヨガ・ピラティス・ボディーワークスタジオ

OTC医薬品について

56 views
OTC医薬品について

OTC医薬品という言葉を聞いたことがあると思います。以前は大衆薬あるいは市販薬と呼ばれていたもので、処方箋無しで薬局やドラッグストア等で購入できる医薬品のことです。OTCとは、「Over The Counter」の略でカウンター越しに薬を販売することに由来しています。

処方箋無しで購入できるため、病院に行く手間がいらず、自分でほしい薬を選ぶことができます。今では、少し前まで処方箋がないと購入出来なかった薬もOTCとして販売され始め、多くの薬がドラッグストアの棚に並ぶようになりました。その中には、使い方に気をつけたほうがよい薬も数は少ないですがあったりします。

その為、そのような薬には薬剤師や登録販売者が、購入する方に薬の説明をすることが義務付けられています。専門的な知識があれば成分名等をみて説明が必要かどうか判断できますが、なかなか難しいことなので、薬を購入しようとする方に分かるように、分類分けをして販売することが決まっています。

まずは、要指導医薬品と一般用医薬品に分けられます。要指導医薬品は、必ず薬剤師が対応し説明することが義務付けられ、すぐに手の届かない場所に置くように決められ、インターネットでの販売購入もできません。

一般用医薬品はさらに細かく分類されています。第一類医薬品、第二類医薬品、第三類医薬品に分類されています。第一類は、薬剤師の対応が必要で、すぐに手の届かない場所におくことが決められていますが、インターネットでの販売購入は可能になっています。第二類は、薬剤師か登録販売者が対応するほうが望ましいと言う努力義務となっています。風邪薬や鎮痛剤の多くがここに分類されます。第三類は、第一、二類以外の薬が分類されます。

年々、OTC薬は増えています。増えることで、薬に対する意識が変わり、薬を上手く使って体調を整えていけるようになればいいなぁと思います。購入する時に、少しでも不安があれば、薬剤師や登録販売者に聞いてみて下さいね。

studio STANCEマガジン用
この記事が気に入ったらいいね!しよう
studio STANCEマガジン用

About The Author

SAYUMI
ヨガを通して、皆様と日々楽しく過ごすことが出来たらと思っています。