豊中のヨガスタジオ / Studio Stance

曽根駅から1分のヨガ・ボディーワークスタジオ

ヨガを始めたきっかけ

8 views
ヨガを始めたきっかけ

ヨガで心とカラダを元気に!ヨガインストラクターのMikaです。

私の場合は運動不足解消でした。

具体的にはあまりにも動かさずきたのでガチガチゴリゴリに凝り固まってる状態でこの先に不安があったからです。

ヨガで得られるもの

①体への効果

②美容的な効果

③心への効果(自律神経を整える)

など他にもありますがとりあえず。

その中から特に変わりたいところや期待することを目標として設定することでモチベーションにも違いが出でくるのではないでしょうか。

運動不足解消でもいいのですが肩こり解消などもう少し具体的なほうが始めるきっかけや、変化に気づきやすく継続につながるかもしれません。

ヨガで自律神経を整える

自律神経を整えるって実際どういうことなんだろう??

交感神経(闘争・逃走モード)と副交感神経(休息モード)のバランスを整えること

戦ってばかりでもお休みしてばっかりでもバランスはくずれてます。

もうちょっと具体的いうと交感神経(ON)と副交感神経(OFF)必要な状況においてスムーズに切り替えれることです。

スムーズに切り変わらない場合やバランスが乱れてる場合は動悸・息切れ、頭痛、いらいら、立ちくらみ、めまい、肩こり、冷え、便秘や下痢、胃もたれ、食欲不振、集中力の低下、無気力などの症状があらわれます。

自律神経をどうやって整える?

基本的に自律神経を自分でコントロールすることは不可能ですが、無意識に行っている呼吸を意識的に行うヨガによって交感神経と副交感神経のバランスを整えることがある程度可能になります。

戦闘モードから抜けれない時は呼吸で落ち着けますし、休息モードから抜けれない時は呼吸で活力があがってきます。

呼吸ってすごい。

大切な土台

ヨガでいう基盤(土台)とはマットとの接地面です。

建物で考えてもらうとわかりやすいと思いますが土台が弱く不安定だと建物が立派でもグラグラしますよね。人のカラダでも同じことがいえます。そのうえ人は動くのでそのたびに地面からの圧力は増します。

強さとしなやかさでバランスをとることがミソ!

ヨガをするときマットとカラダが設置するところ(足裏、手のひら、ヒップ(坐骨)など)を気をつけてみてください。

ついつい忘れがちだと思いますが大丈夫!

少人数制のレッスンでは細かいところもお伝えしていきますよ~

骨盤を立てるって?

そもそも骨盤ってどこ?どんなん?ってもしかして思ってるかたもいらっしゃるのでは…

ヨガのインストラクターになる勉強の中で骨格標本をみたり、テキストなど目にしてきたので骨盤と言われると形が頭の中に浮かぶし、カラダのこのあたりにこっち向きで…なんて想像できてしまいますけど、そういい機会でもなればざっくりした形のイメージが想像つくくらいではないかと思います。

その状態で骨盤を立てようと思っても曖昧な想像と感覚ではなかなか難しいですね。

スタジオに骨盤の骨標本がありますので、希望の方にはみて触ってもらおうかなもらおうかな?

Stanceは曽根駅から1分

阪急宝塚線で(宝塚、中山、川西、池田から梅田方面に)通勤されてるみなさんも途中下車にはなりますが駅から近く、レッスンは60分でサクッと体を動かせてリフレッシュにも。駅前にはスーパーもあるので帰りにお買い物もできちゃいます。

誰もが適度な運動はカラダにとっていいってことは百も承知なんだけど…家の近くで通える所があれば…と思われてる方も多いかと思います。ヨガを生活のサイクルにすることでより心とカラダを整えるツールにしていただきたいです!

About The Author

Stance
2016年4月にオープンした大阪府豊中市曽根のヨガスタジオ。
Follow :